03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

パブリックコメント 国へ声を届けよう

2011/08/11
 * 2011/8/17 追記アリ

暑いですね~。
あおも保冷剤を入れた手ぬぐいを首に巻きながらお散歩してます。
↓家の中でもこんなカンジ。(笑)
暑いね~

夜のお散歩のときはセミの羽化を見るのが日課になってます。
羽化したばかりのセミってきれいですよね。薄い緑色で。

本当は自然に任せておいたほうがいいのでしょうけど、
人通りのあるアスファルトの上を歩いてる羽化前のセミをつかまえて
安全そうな木にくっつけたりするのも日課です。

     

さて。今日の本題。
既にたくさんのblogやサイトでも告知してくださっているのでご存知の方も多いと思いますが、
環境省が「動物取扱業の適正化」に関するパブリックコメントを募集しています。

  ■パブリックコメント(Public Comment、意見公募手続、意見提出制度)
  公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、
  広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう。
  公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、
  その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ
  (Wikipediaより)

では実際にどのようなものか、
以下、ちばわんさんのサイトの一部を転記して紹介させていただきます。(全文はコチラ。)
※青字はわたしの補足です。

==========
動物愛護管理法の改正に向けて国が動き出しました 

法改正の方向性を定めるために国民の意見を受け付ける「パブリックコメント」の受付がはじまっています。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069

国民の側から国に、動物愛護について意見を伝えられる機会は滅多にありません。
動物愛護管理法の改正検討は5年おきと決まっています。
この機会をのがすと、何年も改正を検討することができません。

今回は、動物取扱業の適正化についての意見募集ですが、
悪質ブリーダーが増える原因ともいえる 8週齢未満幼齢犬猫販売禁止の規制もありますし
犬猫の繁殖制限措置
インターネット生体販売規制
移動販売規制
深夜の生体展示規制
犬猫オークション市場規制
 ※Yahoo!オークションのようなネットオークションとは異なります
などなど

犬猫処分問題にもかかわってくるような重要な法案改正が多数検討されています。

前回の5年前は、“幼齢犬猫販売問題は8週齢以上”に決まると思われてましたが、
動物販売業界が組織的に反対意見を寄せて
【 反対約9,500 対 賛成約200 】と大差をつけられ法案化が見送られました。

動物愛護にかかわる人々にとって 知らなかったでは済まされない「意見募集」です。

締め切りは8月27日(土)必着です。

夏休みの時期に、犬猫を愛する多くの方に意見を送ってもらいたいと思います。

==========

正直、個人的に愛護ってコトバはピンときません。

だけどちょうど1年前の今日、
あおは姉妹のアビちゃんと一緒に定時定点収集で動物愛護センターに引き取られました。

そして次の日、
ちばわんさんを通じてたまたまセンター掃除に行ったわたしと
運命的な?!出会いをしたのです。ヒトゴトではない気がします。

たとえ今回の法改正が期待通りではない結果に終わるとしても、
何もしないで終わらせるわけにはいきませぬ。
あおと出会ってしまったからには、ねっ。

******************************

コメントの書き方など、いろいろなサイトが参考になりますよ。

ちばわん『犬や猫たちのかわりに国へ声を!パブリックコメントに参加をお願いします!!』
こちらから上記の文章を転記させていただきました

カプアン通信『ただすべき問題』、 『被災犬~パブコメ書き方』
わたしがパブリックコメントを知ったのはカプアン通信でした

Blue Bird's Nest『動物取扱業の適正化についてのパブリックコメント』
パブリックコメントの書き方の例が参考になります。資料へのリンクもあります。

*2011/8/17 追記
中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会 議事録一覧
動物取扱業の適正化について(案)で、たまに
【参考資料1:第4回小委員会資料1「深夜販売・販売時間について」】・・・1
という記述が出てきますが、その資料の一覧です。
全部読むととても時間がかかりますが、とても参考になります。

******************************

へぇ~ と思ってくださった方、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
23:57 ペット | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
本当に、暑いですね~~~!!
こちらの公園では、羽化した蝉を、待ち構えた、カラスとムクドリが、穴から出てきたとたんに、待ち構えたように、瞬時に食べている光景を良く目にします。
数年前までは、ところ狭しと、蝉の声が響き渡る公園でしたのに...。
自然の摂理ですかね(泣)
遅くなりましたが、あおちゃん、良かったですね!!大事なくて~~~!!
でも、イボ...気になりますよね。
無事、手術終ってよかったです!!

パブリックコメント、仕事が終ったら、私も書きますね!!
今さっき、私もやっと送りました。

理由を書くのにモタついて
書き始めてから何日たったんだろう?という感じですが。

とりあえずホッとしました。

たくさん集まるといいですね♪
>あいかさんっ♪
暑いですね~。ホントに暑いです~。(笑)
パフィちゃん、インターフェロンの注射が効いているようでよかったですね。
完治しないのが歯がゆいけれど、少しでも苦しいのが和らいでくれたら。
blogから、そういうあいかさんのキモチが痛いほど伝わってきます。

セミの声、確かに最近は響き渡る時間帯が区切られてる気がします。
聞こえるトキと聞こえないトキがあるというか・・。
さらに今日の夜散歩ではセミの羽化の数がぐっと減ってました。

あおのコト、ありがとうございます~。もう毛も生えてきました。
地肌が黒いのでぱっと見ただけでは手術したのすらわからないくらいです。
もしかしたら、ニンゲンよりもわんこ達の方が強いです!

パブリックコメント、わたしもやっとこさ書き終えました。
あいかさんもお忙しそうですからあまりムリなさらずに、
だけど是非是非コメントしましょう~。v-5
>hapnapmm(はなこ)さんっ♪
こんばんわ~。ご無沙汰しております~。
はなこさんも書き終わりました?パブコメ。
わたしもやっとこさ仕上げました。

動物愛護法とかってコトバは知っていたけれど、中身はほとんど知りませんでした。
今回パブコメを書くにあたってプリントアウトして(アナログニンゲンなので)読んでみたのですが、結局は人間>>動物な法律なんだなーって感じました。
だけど、動物先進国のドイツだって今の 「犬の保護に関する条例」が出来たのは2001年だそうですよね。
10年も前に!というより、たった10年前なんだ~っていうのがわたしの感想でした。
だからきっと、何年後かには日本も動物に優しい国になれるはず。
だって日本だもん。

今回のパブコメは、前回の法改正のトキよりたくさん集まると思いますよ!ねっ。v-91

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。